本文へスキップ

株式会社奥村

電話でのお問い合わせはTEL.058-276-2311

所在地〒500-8281 岐阜市東鶉1丁目25番地

教育関係の方へfor Education



セフテムが考える熱中症防止対策は!
予防対策を躊躇せずに行動に移すこと

あなたの学校はどちらのタイプ?




熱中症対策では発症後の対応がいくら万全でもすでに後手になっているとしか言えません。



危険を事前に予知し、自発的・能動的に最善の回避行動を取る事が出来る能力を身につける。
そのためには日頃から危険予知トレーニングを!


多くの企業ではすでに労働安全運動の一環として取り入れています。

あなたの学校で熱中症ゼロを目指してください。
「熱中症注意表示板」トリガーボードがお手伝いします。



     
 教育活動中に於ける熱中症は減っていません
 指導者のいないところでも、子ども達が自発的に
熱中症を回避することが出来るように、日頃から
防災意識と適切な判断基準を持たせたいものです。

 「みんなに迷惑をかけるのでは?」とか「他は普通にやっているのに自分のところだけ授業を中断すのはちょっと・・・・」
教育現場ではこんな思いからつい、水分補給や休憩を取るなどの指示が後手に回っていませんか?。熱中症はしっかり予防対策を実行すれば必ず防げるのではないでしょうか。熱中症に関する共通理解の元、熱中症発生の状況が生じたら躊躇せず予防行動が取れるようにしたいものです。

   トリガーボードは 熱中症防止行動開始指示情報の発信装置

予防マニュアルがあっても実行しなかったり、タイミングを逃しては絵に描いた餅に過ぎません。

是非、先生の学校でも自発的熱中症予防行動開始指示情報の発信についてお考えください。
 
日本学校保健会推薦 学校保健指導教材 に登録されています

トリガーボードの動作 イメージです
  
   動作イメージです

 
危険気温で自動的に表示が切り替わります

熱中症注意表示板は、気温が上昇し、31℃になると、
通常表示(心の教育)から警戒表示(熱中症注意)に反転します。 

   
 
表示の文字色は通常表示では心理的リラックス効果のある緑色文字を、
そして警戒温度では緊張感を高め、警戒心を抱かせる赤色文字を使用しています。
また熱中症の危険性が比較的低いとされる26℃以下になった時点で、
警戒表示から通常表示へと自動的に復帰します。
表示切り替えに要する時間は1秒以内です。



地球環境に優しい新技術を使用した表示板

セフテム熱中症注意表示板は、表示切り替え動作の駆動部分に、
形状記憶合金を使用しています。そのため、外部電源などを一切必要としない
画期的な表示器です。子供達にも地球環境に優しい製品としてご紹介ください。

通常表示につきましては、
校訓や教育標語など、設置場所に適した文言をご使用ください。

パンフレットはこちらから (解説付き)(PDF版)
パンフレットはこちらから (紹介用 )(PDF版)

新聞掲載例-1  新聞掲載例-2 新聞掲載例-3



やさしい文字と図形で注意を喚起します
   
  パンフレットはこちらから 







 トリガーボード設置例
  設置実績の詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。
  設置実績の詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。
 
 
 設置効果に関するアンケート例 2014年 岐阜市教育委員会実施
 集計データの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。(pdf形式)




集計データの詳細はこちらからダウンロードしてご覧ください。(pdf形式)