本文へスキップ

株式会社奥村

電話でのお問い合わせはTEL.058-276-2311

所在地〒500-8281 岐阜市東鶉1丁目25番地

会社概要Profile

   
  会社の商号   株式会社 奥 村
本社の所在地  岐阜市東鶉一丁目25番地
工場の所在地  同 上
代  表  者  奥村 修
資  本  金  3,000万円

     
  営 業 品 目 セフテムシリーズ
・工事用看板サポート
・凍結注意標識 セフテム3・セフテム7・セフテム10
・交通誘導ロボ「ガドマ君」
・ハイブリッドタイプ風力発電システム
・危機管理システム
・熱中症注意表示板
・凍結注意表示板
          
  主要取引銀行 十六銀行 六条支店
大垣共立銀行 県庁前支店
岐阜信用金庫 鶉支店
     
  関連子会社 株式会社セフテム
     
  兄弟会社 株式会社 奥村製作所 
代表取締役  奥村 昌弘
昭和42年創業
     
  沿革
  昭和56年12月8日 建設機械および工事用安全用品の販売を目的に
代表者奥村修が岐阜市野一色5丁目5番9号に
株式会社奥村を資本金500万円で設立する。
  昭和58年11月 資本金一千万円に増資する。
  昭和62年5月11日 関連子会社 株式会社セフテム設立。
  昭和62年7月 現所在地に移転。
科学技術庁・金属材料研究所と共立窯業原料株式会社が平成元年から開始した
「官民特定共同研究」(燃焼合成法による金属間化合物の製造技術に関する研究)の一環として、凍結注意標識の共同研究を開始する。
  平成4年 共同研究の成果として凍結注意標識『セフテム7』を開発する。
  平成7年 『セフテム7』、建設省・中部地方建設局にて「新技術・新工法」に採用される。
件名:28 凍結注意標識(セフテム7)
  平成8年12月 資本金三千万円に増資する。
  平成10年11月20日
凍結注意標識が社団法人発明協会平成10年度中部地方発明表彰岐阜県知事賞を受賞。
  平成12年 平成12年度科学技術振興事業団の独創的研究成果育成事業で
東京理科大学 理工学部 助教授 (ドイツ アーヘン工科大学 客員教授)西山勝弘先生の協力を戴き粉末冶金によるAl-Bi系軸受け合金の製造に着手
  平成13年 セフテム21開発販売
  平成14年 ハイブリッドタイプの風力発電システム セフテム15取扱開始。
小型水力発電システム開発着手。
岐阜大学と岐阜県製品技術研究所関分室との共同研究
危機管理システム セフテム16 取り扱い開始
  平成17年 (株)セフテム福祉事業に進出
  平成18年3月1日 さんさんハート 岐南』オープン
  平成18年9月 (株)VRテクノセンターのサービスロボット事業に参画
  平成21年5月 熱中症注意表示板発売
  平成23年10月 国土交通省のNETISに「セフテム2看板サポート金具」が設計比較対象技術に認定される
  登録番号CB 010019−V
  平成24年夏 「熱中症注意表示板」NEXCO中日本のサービスエリア・パーキングエリア107カ所に設置採用
  平成25年10月22日  「熱中症注意表示板」トリガーボード  公益財団法人 日本学校保健会から推薦決定 
  平成25年11月 岐阜市東鶉1丁目25番地に新社屋完成(現在) 
  平成25年12月  国土交通省のNETISに「セフテム温度注意喚起システム」が設計比較対象技術に認定される
  登録番号CB 980010−V
   平成28年1月21日  国土交通省のNETISに「セフテム2看板サポート金具」が活用促進技術に認定される
  登録番号CB 010019−VE